プラグイン「Autoptimize」を使わないこととする

株式会社GLASSY 写真

ワードプレスによるホームページ構成を始めてからプラグインの「Autoptimize」を利用し続けてましたが、ここで停止することとしました。

忘れちゃってまた利用するといけないのでここにメモしておきます。

ワードプレスの「Autoptimize」というプラグインは以下のような設定が出来ます。

・JavaScript/CSS を排除する
・JavaScriptを縮小する
・CSSを縮小する
・HTMLを縮小する

これによりホームページの表示速度を向上させる効果があるようです。

ということで単純に理解して長らく使用しておりました。

しかし、「Search Console」の「Fetch as Google」によりレンダリングをかけてみると、この「Autoptimize」によってあまりよくない影響が出ているようなのです。

詳しくはわかりませんが、レンダリングリクエストの表示「Googlebot ではこのページを以下のように認識しました。」を確認してみると、ホームページがちゃんと認識されていないようなのです。

なんかSEO的に良くなさそう、、、そんな思いで「Autoptimize」を停止してみました。

もう一度「Search Console」の「Fetch as Google」によりレンダリングをかけてみますと、先ほどと比べて表示が多少マシになったようです。

さらに「robots.txt」をFTPにより削除しました。

「robots.txt」には「php、js、cgi」をgoogleロボットが拾わないようにの記述がされたものです。

とりあえずこれも削除しておいてちょっとの期間様子をみてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする